林外相、中国に「毅然と主張する」…尖閣・違法操業問題で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 林外相は15日、金沢市内で講演し、中国との外交について、能登半島沖の好漁場「大和 たい 」での違法操業問題などを念頭に「主張すべきことは 毅然きぜん と主張する」と述べた。

唯一黒字だった瀬戸大橋線もコロナで苦戦…JR四国、昨年度は全区間赤字に
講演する林外相(15日、金沢市内で)
講演する林外相(15日、金沢市内で)

 石川県内のイカ釣り漁船が多く出漁する大和堆では近年、中国籍や北朝鮮籍とみられる船の違法操業が活発化し、乱獲による不漁が懸念されている。林外相は違法操業問題や、中国海警船による沖縄県・尖閣諸島周辺での挑発行為に触れ、「非常に懸念事項が増えている。大国として責任を持って行動するように相手に求めていく」と強調した。

 日米関係については、在日米軍での新型コロナ感染拡大を巡り「率直にものを申し上げ、しっかりと対応する。親しき仲でも、言うことは言う」と述べた。

 林氏は、今春の石川県知事選に出馬表明した馳浩前衆院議員(60)との講演会に出席した。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2678048 0 政治 2022/01/16 13:29:00 2022/01/16 14:31:22 2022/01/16 14:31:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220116-OYT1I50037-T-e1642310863126.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)