新年度予算案を国会に提出…107兆5964億円、10年連続で最大を更新

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は17日、2022年度予算案を国会に提出した。一般会計の総額は21年度当初比で約1兆円増の107兆5964億円となり、10年連続で最大を更新した。岸田内閣が提唱する「新しい資本主義」の実現に向けた政策に重点配分した。政府・与党は3月末までの成立を目指す。

天皇陛下が出席され行われた通常国会の開会式(17日午後1時5分、国会で)=西孝高撮影
天皇陛下が出席され行われた通常国会の開会式(17日午後1時5分、国会で)=西孝高撮影

 岸田首相は経済成長に向け、脱炭素やデジタル化への投資を加速させる方針を掲げており、科学技術振興費として過去最大の1・4兆円を充てた。分配政策では、看護師や介護職員、保育士らの賃金を引き上げるための予算を盛り込んだ。

 鈴木財務相は17日午後、衆参両院の本会議で財政演説を行い、「経済をしっかりと立て直し、財政健全化に向けて取り組んでいく必要がある」と強調する。山際経済再生相も経済演説を行い、「医療提供体制の強化や(新型コロナウイルスの)ワクチン接種の促進、治療薬の確保に万全を期し、経済社会活動を極力継続できる環境を作る」と述べる。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2680586 0 政治 2022/01/17 14:41:00 2022/01/17 14:45:40 2022/01/17 14:45:40 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220117-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)