今月4回目の北ミサイル発射、岸防衛相「急速に技術の向上図っている」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北朝鮮は17日午前8時49分頃と52分頃、同国西部から東方向に弾道ミサイル2発を発射した。日本政府が発表した。最高高度は約50キロ・メートルで、通常の弾道軌道であれば約300キロ・メートル飛行し、北朝鮮東岸付近で日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したと推定される。

 北朝鮮は今月5、11、14日にも弾道ミサイルを発射し、今月4回目となる。

 航空機や船舶などへの被害は確認されていない。政府は「国連安全保障理事会決議に違反する」として、北京の大使館ルートを通じ、北朝鮮に抗議した。

 岸防衛相は17日、記者団に「極めて高い頻度で発射している」と非難した。「兆候の把握を困難にするための秘匿性や発射形態の多様化など、急速に関連技術や運用能力の向上を図っている」とも述べた。

 外務省の船越健裕アジア大洋州局長は17日、米国のソン・キム北朝鮮担当特使、韓国外交省の 魯圭悳ノギュドク 朝鮮半島平和交渉本部長と電話で会談し、日米韓3か国で緊密に連携する方針を確認した。

17日、ソウルの駅で、北朝鮮のミサイル発射を報じるニュース映像(AP)
17日、ソウルの駅で、北朝鮮のミサイル発射を報じるニュース映像(AP)

 一方、韓国軍合同参謀本部は17日、短距離弾道ミサイル2発が同日午前、北朝鮮の首都 平壌ピョンヤン順安スナン 空港付近から日本海方向に向けて発射されたと発表した。ミサイルの飛距離は約380キロ・メートル、高度は約42キロ・メートルだった。速度はマッハ5(音速の5倍)程度とみられる。

 韓国の聯合ニュースはミサイルについて、変則軌道で飛行する「イスカンデル型」の可能性があると報じた。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2681944 0 政治 2022/01/17 23:54:00 2022/01/17 23:54:00 2022/01/17 23:54:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220117-OYT1I50171-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)