政府、さらに8道府県に「まん延防止」適用追加で調整…25日にも正式決定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は20日、新型コロナウイルスの感染が拡大している北海道、大阪、福岡など8道府県に緊急事態宣言に準じた措置が可能となる「まん延防止等重点措置」を適用する方向で調整に入った。各道府県から要請を受ければ、25日にも正式決定する。

大阪刑務所でクラスター、受刑者と職員の計70人感染…感染受刑者全員を単独室に隔離
首相官邸
首相官邸

 北海道、静岡、京都、大阪、兵庫、福岡、佐賀、大分の8道府県は20日、重点措置の適用を政府に要請する方針を明らかにした。21日以降に正式要請する方向だ。適用されれば、重点措置の対象は既に適用中の沖縄など3県と、21日から適用される東京など13都県と合わせて計24都道府県となる。

 政府は24日にも関係閣僚会議を開いて適用の方針を確認し、25日の対策本部で正式決定する日程を描く。

 福島、島根両県も適用要請を検討している。要請があれば、政府は併せて適用を決める方針だ。

 大阪、京都、兵庫の3府県は21日にそれぞれ対策本部会議を開き、適用要請を決定する。大阪府は感染対策を徹底した「認証店」での酒類提供を可能とする方針だ。京都、兵庫両府県も足並みをそろえる方向で調整している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2690017 0 政治 2022/01/20 20:43:00 2022/01/20 22:36:22 2022/01/20 22:36:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220120-OYT1I50132-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)