岡本財務副大臣に「緊張感を持つように」と注意…言い間違いを連発し、予算案審議が中断

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

岡本三成財務副大臣
岡本三成財務副大臣

 岡本三成財務副大臣(公明党)が21日の衆院予算委員会で、政府の2022年度予算案を説明する際に言い間違いを連発し、審議が中断する場面があった。同委では、基本的質疑が24日から始まる予定で、根本匠委員長は「緊張感を持つように」と注意した。

 岡本氏は、譲与税配付金特別会計と読むべきところを、譲与税「配当金」特別会計と間違えたほか、エネルギー対策費8756億円を「8756円」などと発言し、計4か所を訂正した。

 立憲民主党の大串博志・野党筆頭理事は記者団に「政府の気の緩み以外の何物でもない」と批判した。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2695221 0 政治 2022/01/22 17:37:00 2022/01/23 09:21:43 2022/01/23 09:21:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/okamoto.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)