濃厚接触者となったエッセンシャルワーカーの待機期間、必要に応じ見直し検討…後藤厚労相

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 後藤厚生労働相は23日のNHK番組で、濃厚接触者となった医療従事者らエッセンシャルワーカーの自宅などでの待機期間について、必要に応じて見直しを検討する考えを示した。

抗原検査キット「処方箋なし」販売の恒久化を検討…規制改革会議案
後藤厚労相
後藤厚労相

 後藤氏は「感染状況などを踏まえ、必要であれば弾力的な運用をもう少し考えていく。そういう局面も来るだろう」と述べた。

 政府は新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大を受け、濃厚接触者の待機期間を14日間から10日間に短縮。社会活動を維持するため、エッセンシャルワーカーに限っては、PCR検査などで陰性が確認されれば最短6日目に解除を認めている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2697492 0 政治 2022/01/23 19:31:00 2022/01/24 05:44:32 2022/01/24 05:44:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/goto.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)