濃厚接触者の介護職、「陰性」なら待機期間中も勤務へ…沖縄の特例を全国に拡大

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は25日、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者となった介護職員について、毎日の陰性確認などを条件に待機期間中の勤務を特例的に認める方針を固めた。変異株「オミクロン株」の感染急拡大で、介護施設の運営が困難となる可能性があるためだ。

コロナ入院の世界的アーティスト、感謝の抽象画…病院長「医療従事者の励みになる」
衆院予算委員会で答弁する後藤厚生労働相(25日、国会で)=源幸正倫撮影
衆院予算委員会で答弁する後藤厚生労働相(25日、国会で)=源幸正倫撮影

 厚生労働省は既に、感染が深刻な沖縄県でそうした特例を認めている。後藤厚労相は同日の記者会見で、「高齢者施設全体への対応を検討する必要もある」と述べ、全国への拡大を検討する必要性を強調した。沖縄では毎日の検査での陰性確認に加え、ワクチンを2回接種したことや無症状であることなどが勤務の条件となっている。待機の解除は最短で6日目。

 医療従事者は同様の特例が全国で認められている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2703499 0 政治 2022/01/25 19:49:00 2022/01/25 20:49:32 2022/01/25 20:49:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220125-OYT1I50118-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)