ロシア国籍のヘリか、根室半島沖で領空侵犯…空自戦闘機が緊急発進

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 防衛省は2日、ロシア国籍とみられるヘリコプター1機が北海道・根室半島南東沖の領空を侵犯したと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応した。

防衛省
防衛省

 同省統合幕僚監部によると、ヘリは同日午前10時23分頃、数十秒間領空に入った。北方領土周辺から南下しており、同省は飛行ルートなどからロシアのヘリとみている。日本政府は同日、外交ルートを通じてロシアに対し、抗議と再発防止を求めた。

 ロシア機とみられる航空機の領空侵犯が確認されたのは昨年9月以来で、同省は飛行目的などについて分析している。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2802530 0 政治 2022/03/02 15:50:00 2022/03/02 19:37:31 2022/03/02 19:37:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220302-OYT1I50098-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)