首相、ロシアとの経済協力費「修正は考えていない」…参院予算委で「人道的な支援も入っている」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸田首相は14日の参院予算委員会で、政府の2022年度予算案に盛り込んだロシアとの経済協力に関する費用について、「修正は考えていない」と述べた。理由として、「我が国のエネルギー安全保障や人道的な支援(に関わる費用)も入っている」と説明した。

参院予算委員会でウクライナ情勢について答弁する岸田首相(14日、国会で)=源幸正倫撮影
参院予算委員会でウクライナ情勢について答弁する岸田首相(14日、国会で)=源幸正倫撮影

 予算案には、日本とロシアによるエネルギーやロシア極東開発など「8項目の経済協力プラン」に関する費用が約21億円盛り込まれている。ロシアのウクライナ侵攻を受けて、政府は経済協力に関係する事業について、当面、見合わせる方針をすでに示していた。

 萩生田経済産業相は同予算委で、「企業がロシアからの撤退を考えなければならない事態もあるかもしれない。予算はそういった対応に使わせてもらう」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2835485 0 政治 2022/03/14 18:17:00 2022/03/14 20:21:02 2022/03/14 20:21:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220314-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)