きょうから18歳は「成人」、親の同意なく携帯やカードの契約可能に…146年ぶり変更

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 改正民法が1日施行され、20歳だった成人年齢が18歳に引き下げられた。ローンを組むなどの契約が18歳から可能となる。喫煙や飲酒、公営ギャンブルは引き続き20歳未満は禁止される。

 民法の成人年齢に関する規定変更は146年ぶり。明治以来続いた成人の定義を変えることで、若者の自立を促し、社会の活性化を図る狙いがある。経済協力開発機構(OECD)加盟のほとんどの国が「18歳成人」を採用しており、国際標準に合わせた動きだ。

 具体的には、親の同意なしに携帯電話やクレジットカードなどが契約可能となる。ただ、契約取り消しが簡単にできなくなるため、消費者トラブルの若年化を懸念する声が出ている。有効期間10年のパスポートも取得できる。女性が結婚できる年齢は16歳から男性と同じ18歳になる。

 改正少年法も施行され、事件を起こした18、19歳を「特定少年」と位置づけ、一定の厳罰化を図る。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2884083 0 政治 2022/04/01 00:00:00 2022/04/01 00:00:00 2022/04/01 00:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220331-OYT1I50210-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)