アベノマスク配送開始、費用は5億円…8000万枚に2億8850万枚分の申し込み

 厚生労働省は1日、政府が新型コロナウイルス対策として配布後に在庫となった布マスク約8000万枚について、受け取り希望者への配送を始めた。岸田首相は有効活用を図った上で布マスクを廃棄する方針を表明していたが、一部の不良品を除き全て配布される。

新型コロナウイルス対策のため政府が国民に配布後、大量に余って保管されている布マスク。関東近郊の倉庫で

 発表によると、今年1月の申込期限までに個人や自治体などから在庫を上回る約37万件、計約2億8850万枚分の申請があった。自治体には希望枚数を配送するが、個人には1世帯あたり最大100枚、介護施設などには1か所につき最大約3万5000枚を送る。

 配送は5月末までに完了する予定。申請受け付けや配送などの費用は計約5億円に上るという。

政治
ページTOP