橋下徹氏が「大阪維新の会」法律顧問契約を3月末で解消

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 地域政党・大阪維新の会を創設した橋下徹・元大阪市長が、党との法律顧問契約を3月末で解消していたことがわかった。橋下氏は2015年末に政治家を引退後、国政政党の日本維新の会を含めて政策助言や法律面での相談を請け負ってきたが、双方の合意で3月末で顧問契約を終了したという。

橋下徹氏
橋下徹氏

 橋下氏は現在、弁護士活動のほか民放やインターネット番組にレギュラー出演している。橋下氏は大阪府知事だった10年、大阪都構想の実現を目指して大阪維新を設立。12年には日本維新の代表に就任し、15年に都構想の住民投票での否決を受けて政界を引退した。

 引退後は日本維新の法律政策顧問と大阪維新の法律顧問に就任。17年に党所属の国会議員と対立したことなどから、日本維新の顧問を辞任し、大阪維新の法律顧問のみ続けていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2897406 0 政治 2022/04/05 23:40:00 2022/04/06 09:59:12 2022/04/06 09:59:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220405-OYT1I50155-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)