デジタル庁事務トップ、石倉洋子氏が1年たたず退任…民間から次官級のデジタル監就任

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 デジタル庁の事務方トップ、石倉洋子デジタル監(73)が月内にも退任することが分かった。体調の問題が理由とみられる。政府は後任にデジタル庁の浅沼尚チーフ・デザイン・オフィサーを充てる方向で調整している。

デジタル庁発足式で記念撮影に臨む石倉デジタル監(左)(2021年9月1日)
デジタル庁発足式で記念撮影に臨む石倉デジタル監(左)(2021年9月1日)

 デジタル監は各府省の事務次官に相当する。石倉氏はデジタル庁が発足した昨年9月に就任したが、1年たたずに交代となる。

 石倉氏は一橋大名誉教授で、経営戦略やグローバル人材の活用などを専門とする経営学者の知見を期待されて起用された。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2945844 0 政治 2022/04/23 17:31:00 2022/04/23 22:21:02 2022/04/23 22:21:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220423-OYT1I50101-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)