10日の韓国大統領就任式、首相の出席は見送り…林外相派遣で調整

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、10日に予定される韓国の 尹錫悦ユンソクヨル 次期大統領の就任式に、林外相を派遣する方向で調整に入った。岸田首相は、元慰安婦や元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)問題を巡り韓国側が解決策を示す確証がないことなどから出席を見送る。複数の日韓両政府関係者が明らかにした。

林芳正外相
林芳正外相

 就任式はソウルの国会議事堂前広場で行われる。林氏の訪韓は9~10日となる見通しで、日韓両政府は、尹氏から外相候補に指名されている 朴振パクジン 国会議員ら新政権幹部との会談を検討している。林氏は韓国側に、懸案解決に向けた具体的な対応を求めるほか、北朝鮮の核・ミサイル開発問題などへの対処のため、日韓の連携を確認したい考えだ。

 日韓関係は現在、「戦後最悪」と称され、尹氏は大統領当選後の4月、日本に「政策協議代表団」を派遣し、首相も代表団との面会に応じるなど、双方が改善の糸口を探る動きを見せている。過去の就任式には小泉首相や福田康夫首相ら現職の首相が出席したケースもあり、韓国では岸田首相の訪韓への期待が高まっていたが、日本側は、懸案解決に向けた具体策が韓国側から示されていないなどとして、首相訪韓は時期尚早と判断した。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2970260 0 政治 2022/05/03 05:00:00 2022/05/03 08:01:48 2022/05/03 08:01:48 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/1hayashi.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)