岸田首相とフィンランドのマリン首相が会談…ロシアの侵攻を強く非難、結束して対応で一致

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸田首相は11日、フィンランドのマリン首相と首相官邸で会談し、ロシアによるウクライナ侵攻を強く非難し、結束して対応することで一致した。

ロシアが黒海封鎖維持へ、大型揚陸艦3隻を配備…穀物輸出の再開が不透明に
会談を前にフィンランドのマリン首相(左)と握手を交わす岸田首相(11日午後、首相官邸で)=須藤菜々子撮影
会談を前にフィンランドのマリン首相(左)と握手を交わす岸田首相(11日午後、首相官邸で)=須藤菜々子撮影

 会談で岸田首相は、「ロシアによるウクライナ侵略は、欧州のみならずアジアを含む国際秩序の根幹を揺るがす行為だ」と非難した。マリン首相は、ウクライナ侵攻について「グローバルな環境に大きな変化をもたらした。中国はその力をどのように使うか画策している」と述べた。両氏は、インド太平洋地域でも、力による一方的な現状変更は認められないとの認識を共有した。

 マリン氏は共同記者発表で、「軍事的中立」を掲げてきたフィンランドの北大西洋条約機構(NATO)加盟検討について、「国際社会全体が強化される」と意義を強調。両氏は先端技術や再生可能エネルギー分野での協力や、「核兵器のない世界」に向けた連携も確認した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2991193 0 政治 2022/05/11 21:22:00 2022/05/11 22:30:32 2022/05/11 22:30:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220511-OYT1I50182-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)