モルドバ首都の日本語呼称、要請受けて変更…ルーマニア語に基づく読み方に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外務省は13日、旧ソ連構成国モルドバの首都の日本語呼称について、ロシア語由来の「キシニョフ」からモルドバの公用語ルーマニア語に基づく「キシナウ」に変更すると発表した。

[深層NEWS]マッチョな姿示さないプーチン氏「何かが起きたこと間違いない」…慶大・廣瀬陽子教授
外務省
外務省

 ロシアによる軍事侵攻の懸念が強まるモルドバ政府からの要請を受けたもので、ほかの地名も同様に変更する。ロシア系住民らが一方的に独立を宣言しているモルドバ東部の「沿ドニエストル共和国」の中心都市「ティラスポリ」は、「ティラスポル」とする。

 同省は3月、ロシアの侵攻を受けるウクライナの地名呼称を変更した。モルドバの地名変更とともに、在外公館名称・位置・外務公務員給与法改正案を来年の通常国会に提出する方針だ。

ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2998204 0 政治 2022/05/14 05:00:00 2022/05/14 10:40:23 2022/05/14 10:40:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220514-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)