岸防衛相、中国空母「遼寧」の連日の発着艦に「懸念持って注視せざるを得ない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

岸防衛相
岸防衛相

 岸防衛相は17日の記者会見で、中国海軍の空母「遼寧」が太平洋上で繰り返す艦載機の発着艦について、「我が国および台湾に近接した海空域での活動であることを踏まえれば、懸念を持って注視せざるを得ない」と述べ、警戒監視が必要だとの考えを示した。

 発着艦は沖縄県沖で今月3日以降、13日を除き連日、確認されている。岸氏は「空母などの運用能力や遠方の海空域での作戦遂行能力の向上を企図した活動の可能性がある」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3007514 0 政治 2022/05/17 19:36:00 2022/05/18 06:16:15 2022/05/18 06:16:15 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/kishi.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)