民事裁判IT化へ、改正民事訴訟法が成立…口頭弁論は「ウェブ会議」可能に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 民事裁判の全面IT化を実現する改正民事訴訟法が18日午後、参院本会議で可決、成立した。提訴から判決まで、オンライン上で一連の手続きをできるようにし、裁判の迅速化や利便性の向上を図る。

国会議事堂
国会議事堂

 改正法に基づき、訴状のインターネット提出や口頭弁論を「ウェブ会議」で行うことが可能になる。訴訟記録を原則電子化し、当事者が裁判所のサーバーにアクセスして、判決などを閲覧・ダウンロードできるようにする規定も盛り込まれた。

 口頭弁論のウェブ会議は2023年度中に、訴状のネット提出と訴訟記録のオンライン閲覧は25年度中に実施される見込み。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3009452 0 政治 2022/05/18 13:01:00 2022/05/18 13:01:00 2022/05/18 13:01:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220518-OYT1I50090-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)