林外相が中国外相と半年ぶり会談、尖閣での挑発や人権問題に「深刻な懸念」表明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 林外相は18日、中国の 王毅ワンイー 国務委員兼外相とテレビ会議形式で約70分間会談した。ロシアによるウクライナ侵攻を非難した上で、中国に対し、平和と安全の維持に責任ある役割を果たすよう求めた。両氏の会談は昨年11月の電話会談以来、約半年ぶり。

テレビを通じて中国の王毅国務委員兼外相と会談する林外相(左)=外務省提供
テレビを通じて中国の王毅国務委員兼外相と会談する林外相(左)=外務省提供

 会談は日本側が呼びかけた。林氏は、ウクライナや北朝鮮の情勢に触れ、「国際社会は大きな挑戦に直面している。建設的かつ安定的な関係構築に向け、双方が努力する必要がある」と強調した。王氏は「両国関係の発展を妨害する要素を取り除き、共に責任を担うべきだ」と応じた。

 林氏は会談で、中国海警船による沖縄県・尖閣諸島周辺での挑発行為や、香港、新疆ウイグル自治区の人権問題について「深刻な懸念」を示した。日本周辺での軍事活動の活発化に重大な関心も表明。台湾海峡の平和と安定の重要性にも言及した。

 中国外務省の発表によると、王氏は、24日に予定されている日米とオーストラリア、インドの枠組み「Quad」(クアッド)首脳会談に触れ、「日米の協力は陣営同士の対立を引き起こすものであってはならず、まして中国の主権と安全、発展の利益を損ねるものであってはならない」とけん制した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3010370 0 政治 2022/05/18 18:30:00 2022/05/18 23:49:02 2022/05/18 23:49:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220518-OYT1I50130-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)