ウクライナへの借款、6億ドルに倍増へ…岸田首相が方針表明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸田首相は19日、ロシアから侵攻を受けるウクライナを支援するための借款を計6億ドル(約772億円)に倍増する考えを表明した。東京都内で記者団に語った。日本政府はすでに3億ドルの借款による支援を打ち出していたが、財政事情が悪化するウクライナ政府からの要望を受けて追加する。

【随時更新】ロシア軍、ウクライナに侵攻…最新ニュース・速報まとめ
ウクライナへの追加支援を表明する岸田首相(19日、東京都渋谷区で)=代表撮影
ウクライナへの追加支援を表明する岸田首相(19日、東京都渋谷区で)=代表撮影

 首相は、「我が国は祖国のために奮闘するウクライナと共にある。今後も国際社会と連携しながら強く支援していきたい」と強調した。23日の日米首脳会談や、24日の日米豪印4か国の協力枠組み「クアッド」首脳会談で、日本の取り組みを説明する見通しだ。

 借款は返済義務があるのに対し、無償資金協力は返済義務がない。政府はウクライナに対し、医療支援の目的で無償資金協力として3億円の供与も決めている。外務省幹部は、「予算の制約があり、全てを無償資金協力で賄うのは難しい」と説明している。

 このほか、国際機関を通じて、ウクライナと周辺国に対し、水や食料など2億ドル(約257億円)の緊急人道支援も表明している。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3013674 0 政治 2022/05/19 21:34:00 2022/05/19 21:34:00 2022/05/19 21:34:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220519-OYT1I50122-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)