ウクライナ原子力施設の安全確保に2・7億円支援…林外相がIAEA事務局長と会談

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 林外相は19日、来日中の国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシ事務局長と東京都内で会談した。ロシアから侵攻を受けるウクライナの原子力施設の安全を確保するため、IAEAを通じて総額2・7億円規模の支援を行うことを明らかにした。原子力の専門家をウクライナに派遣し、関連機材を供与する。

NATOがロシアを敵国認定、中国の「組織的な挑戦」初明記…首脳会議で新たな「戦略概念」採択
会談に臨む林外相(右)とIAEAのラファエル・グロッシ事務局長(19日、東京都港区で)
会談に臨む林外相(右)とIAEAのラファエル・グロッシ事務局長(19日、東京都港区で)

 林氏は会談後の共同記者発表で、「ロシアによる攻撃はウクライナの原子力施設にも及んでおり、許されない暴挙だ」とロシアを強く非難した。林氏は、放射線を用いたがん治療に関するIAEAの事業に対し、1・4億円規模の支援も表明した。グロッシ氏は、日本の支援に謝意を示した。

 同日に東京電力福島第一原子力発電所を視察したグロッシ氏は、廃炉作業について「(新型コロナウイルスの)パンデミック(世界的大流行)があったにもかかわらず、素晴らしい 進捗しんちょく があった」と評価した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3013877 0 政治 2022/05/19 22:19:00 2022/05/19 22:19:00 2022/05/19 22:19:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220519-OYT1I50149-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)