議場で「居眠り」とSNS中傷、岡山市議会が撮影を原則禁止に…「市民の権利制限」との批判も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岡山市の議会運営委員会が19日、市役所で開かれ、市議会の傍聴席での撮影や録音が原則禁止となることが決まった。目を閉じた瞬間を 恣意しい 的に切り取り、「居眠りしている」とSNSなどで中傷する行為を防ぐためとしているが、「市民の権利を制限するべきではない」との批判も上がった。

岡山市役所
岡山市役所

 現行の規則では、事前に議長の許可を得れば傍聴席で撮影や録音が可能で、当日、申請用紙を提出すれば自由だった。改正案では「撮影、録音をしてはならない」と禁じた上で、「ただし、議長が公益上特に必要と認める場合は、この限りではない」とした。報道目的や議会事務局の市民への広報を想定しているという。

 同委員長の千間勝己市議によると、動画投稿サイトやSNSで、目をつぶっていたり、議員同士で話し合ったりしている場面に「居眠りだ」「話をまじめに聞いていない」などと字幕をつけた投稿があったのが、ルール変更の理由という。千間市議は報道陣の取材に「議会はインターネットで生中継され録画も閲覧でき、知る権利は担保されている」と理解を求めた。

 一方で、同副委員長の林潤市議は「中傷は許されないが、当事者が法的措置などの対応をとればいいだけで、予防的に禁止するのは対処法としてずれている」と批判した。案は賛成多数で可決され、6月定例会から適用される。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3018384 0 政治 2022/05/21 13:05:00 2022/05/21 13:05:00 2022/05/21 13:05:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220519-OYT1I50168-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)