経済安保 連携確認へ 露中念頭に結束…クアッド あす首脳会談

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸田首相は、24日に行われる日米豪印4か国の枠組み「クアッド」の首脳会談で、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、経済安全保障などの分野での連携を確認したい考えだ。覇権主義的な行動を強めるロシアと中国を念頭に結束を強める狙いがある。

激しい人的消耗戦でロシア、兵役経験ない「高卒生」もすぐに志願兵契約可能に…改正法案を審議

 クアッド首脳会談はテレビ会議形式を含めて4回目、対面では昨年9月に米国で開催して以来、2回目となる。米国のバイデン大統領とインドのモディ首相、オーストラリアからは21日の総選挙で勝利した最大野党・労働党の党首で、次期首相のアンソニー・アルバニージ氏が出席の予定だ。

 4首脳は自由と民主主義を重視する国家として、法の支配に基づく国際秩序の維持・強化に向けた連携を発信する。中露が人工衛星をミサイルで破壊する対衛星兵器実験を行っていることを踏まえ、宇宙の平和利用や人工衛星の監視能力の強化についても合意する見通しだ。

 ロシアのウクライナ侵攻を巡っては、インドとの合意形成を優先し、名指しでのロシア批判は避けつつ、共同声明でウクライナの主権を支持する方向で調整が進められている。

残り:233文字/全文:694文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3021824 0 政治 2022/05/23 05:00:00 2022/05/23 01:49:22 2022/05/23 01:49:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)