中露を念頭…首相「力による現状変更認めない」、バイデン氏「挑戦に共に立ち向かう」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸田首相は23日、東京・元赤坂の迎賓館で、米国のバイデン大統領と会談した。ロシアによるウクライナ侵攻や東・南シナ海で覇権主義的な行動を強める中国を念頭に、日米同盟の抑止力と対処力を強化することで一致する見通しだ。バイデン氏は自らが主導する新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」の創設を表明し、首相は日本の参加を伝える方向だ。

ウクライナによる黒海の「蛇島」奪還、米供与のミサイルが効果…米国防総省高官が分析
首脳会談で握手する岸田首相(右)とバイデン米大統領(23日午前11時36分、東京都港区の迎賓館で)=代表撮影
首脳会談で握手する岸田首相(右)とバイデン米大統領(23日午前11時36分、東京都港区の迎賓館で)=代表撮影

 両首脳の対面での正式な会談は初めて。首相は会談で、「ウクライナ侵略は国際秩序の根幹を揺るがすもので、力による一方的な現状変更の試みは世界のどこであっても絶対に認められない」と訴えた。

歓迎行事で栄誉礼を受けるバイデン大統領(右)と岸田首相(23日午前、東京都港区の迎賓館で)=代表撮影
歓迎行事で栄誉礼を受けるバイデン大統領(右)と岸田首相(23日午前、東京都港区の迎賓館で)=代表撮影

 その上で、「このような時だからこそ、基本的価値を共有する日米両国で、『自由で開かれたインド太平洋』の実現に向けて、国際社会をリードしたい」と呼びかけた。

 これに対し、バイデン氏は「日米同盟は長年、インド太平洋の平和と繁栄の礎だ。米国は日本の防衛に全面的に責任を負っており、今日と未来の挑戦に共に立ち向かう」と応じた。

 首相は会談で、日本の防衛力を抜本的に強化する決意を表明し、国内総生産(GDP)比1%程度にとどまる日本の防衛費を増額する意向を伝える方針だ。バイデン氏は、米軍が核兵器を含めた戦力で日本を守る「拡大抑止」の日本への提供を保証する。

 両首脳は、被爆地・広島選出の首相がライフワークに掲げる「核兵器のない世界」に向けた協力も確認する。中国に対し、核軍縮と核戦力の透明化を呼びかける。これに関連し、首相は日本が議長国となる来年の先進7か国首脳会議(G7サミット)について、広島市で開催する方針をバイデン氏に伝えることを検討している。核廃絶に向けた機運を醸成する狙いがある。

1

2

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3022846 0 政治 2022/05/23 12:18:00 2022/05/23 14:20:03 2022/05/23 14:20:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)