防衛費増額、首相が日米首脳会談で表明…IPEF参加や2プラス2開催も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸田首相は23日、東京・元赤坂の迎賓館で米国のバイデン大統領と会談後、共同記者会見に臨んだ。首相は、日本が議長国となる来年の先進7か国首脳会議(G7サミット)を広島市で開催する意向を伝え、バイデン氏から支持を得たことを明らかにした。

歓迎行事で言葉を交わすバイデン米大統領(右)と岸田首相(23日午前、東京都港区の迎賓館で)=代表撮影
歓迎行事で言葉を交わすバイデン米大統領(右)と岸田首相(23日午前、東京都港区の迎賓館で)=代表撮影

 首相は会談で、防衛費の相当な増額を確保する決意を示した。バイデン氏は強く支持し、日米の安全保障協力を深化させることで一致した。両氏は、「核兵器のない世界」に向け、協力することを確認した。

 両氏は、外務・経済閣僚による経済版「2プラス2」を7月に開催することでも一致した。最先端の半導体の開発など経済安全保障分野や宇宙などで協力を進める。首相は、バイデン氏が主導する新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」に参加する方針も示した。

 両氏は、ロシアによるウクライナ侵攻について、「力による一方的な現状変更の試みは、いかなる場所でも断じて許容できず、 毅然きぜん と対応する」ことを再確認した。中国による東・南シナ海での現状変更の試みに反対し、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調した。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3023397 0 政治 2022/05/23 14:42:00 2022/05/23 15:13:52 2022/05/23 15:13:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)