岸田首相「防衛費の相当な増額」伝える…対中国、日米同盟の抑止力強化で一致

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸田首相は23日、東京・元赤坂の迎賓館で、米国のバイデン大統領と会談した。ロシアのウクライナ侵略が、東アジアで覇権主義的な動きを強める中国に影響を及ぼすとの懸念がある中、日米同盟の抑止力と対処力を早急に強化する方針で一致した。首相は防衛力の抜本的な強化のため、防衛費の「相当な増額」を確保する決意を伝え、バイデン氏は歓迎した。被爆地・広島市で来年の先進7か国首脳会議(G7サミット)を開催する方針も表明した。

会談する岸田首相(右)とアメリカのバイデン大統領(東京都港区の迎賓館で)=代表撮影
会談する岸田首相(右)とアメリカのバイデン大統領(東京都港区の迎賓館で)=代表撮影

 両首脳の正式な対面会談は初めて。首相は会談後の共同記者会見で「『自由で開かれたインド太平洋の実現』、自由で開かれたルールに基づく国際秩序の構築に日米は不退転の決意で取り組む」と訴えた。バイデン氏は「力強い日本、力強い日米同盟は、この地域に良い影響力を及ぼす」と語った。

 首相は会談で、自衛目的で敵のミサイル発射基地などを破壊する「反撃能力」に言及し、「あらゆる選択肢を検討する」と伝えた。バイデン氏は「米国は日本の防衛に全面的に責任を負う」と明言。両首脳は、米国の「核の傘」を含む「拡大抑止」の確実な提供に向け、閣僚級で緊密に協議を続けることで一致した。

 会談後に発表した共同声明では、急速に核戦力を拡充する中国に対し、保有する核兵器の透明化や核軍縮を呼びかけた。

 両首脳は、ロシアによるウクライナ侵略にG7など国際社会と共に 毅然きぜん と対応し、ウクライナの政府と国民を全力で支えることを確認した。

 中国の東・南シナ海での一方的な現状変更の試みに強く反対し、台湾海峡の平和と安定が重要との認識を共有した。香港や新疆ウイグル自治区の人権状況や、中国が南太平洋のソロモン諸島と安全保障協定を締結したことにも懸念を示した。

 北朝鮮による核・ミサイル開発を非難し、日米、日米韓の連携を確認。日本人拉致問題の即時解決のための協力でも一致した。

 外務・経済閣僚による「日米経済政策協議委員会」(経済版2プラス2)の初会合を7月に開催することも確認した。次世代半導体の開発のために特別作業班を設置するなど、経済安全保障分野での協力を進めることも申し合わせた。

 会談は少人数会合から始まり、昼食を交えて約2時間行われた。23日夜には首相がバイデン氏を東京・白金台の「八芳園」に招待し、夕食会を開いた。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3025017 0 政治 2022/05/23 23:27:00 2022/05/23 23:27:00 2022/05/23 23:27:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50140-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)