岸田流おもてなし、ランチに地元広島の「神石牛のヒレ肉」…広島産レモンソーダで乾杯も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

夕食会を前に、バイデン米大統領(左)を出迎える岸田首相と裕子夫人(23日夜、東京都港区で)=代表撮影
夕食会を前に、バイデン米大統領(左)を出迎える岸田首相と裕子夫人(23日夜、東京都港区で)=代表撮影

 岸田首相は23日、初来日したバイデン大統領のもてなしに全力を挙げた。歴代の首相も米大統領の来日時には、食事などの接遇に工夫を重ねてきた歴史がある。良好な日米関係の維持には、会談以外の場でも本音を語り合い、信頼関係を育むことが不可欠なためだ。

 首相は東京・元赤坂の迎賓館で行われたワーキングランチで、地元・広島の 神石じんせき 牛のヒレ肉のグリルや野菜などを振る舞った。

 東京都港区の「八芳園」内の料亭「 壺中こちゅう 庵」での夕食会では一転して、広島産にこだわらず、バイデン氏の好物であるサーモンやチキンなどを出した。デザートには、バイデン氏が副大統領時代の2011年8月、東日本大震災で被災した宮城県名取市を訪問したことにちなみ、名取市産のジェラートを取り寄せた。お酒が飲めないバイデン氏に配慮し、酒豪で知られる首相もお酒を控え、広島産のレモンソーダで乾杯した。

 夕食会は約1時間25分にわたって行われ、両首脳はお互いの選挙区事情や、ともに地元が 牡蠣かき の名産地であることなどで話が盛り上がったという。夕食会の前には、園内で裕子夫人がバイデン氏に抹茶を振る舞った。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3024750 0 政治 2022/05/23 22:05:00 2022/05/24 01:06:26 2022/05/24 01:06:26 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50146-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)