日豪首脳が会談、安保協力の共同宣言改定へ…岸田首相に年内の訪問要請

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸田首相は24日夕、東京・元赤坂の迎賓館で、オーストラリアのアンソニー・アルバニージー首相と会談した。アルバニージー氏は会談の冒頭、「個人的な関係をさらに強化していく機会を楽しみにしている」と述べ、岸田首相に対し、年内に豪州を訪問するよう要請した。

クアッド首脳会談前にアルバニージー豪首相(左)と握手を交わす岸田首相(24日午前、首相官邸で)=源幸正倫撮影
クアッド首脳会談前にアルバニージー豪首相(左)と握手を交わす岸田首相(24日午前、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 自衛隊と豪州軍が互いの国に滞在した際の法的地位を定める「日豪円滑化協定」について、アルバニージー氏は「批准を進めていきたい」と述べ、国内手続きを進める考えを強調。両国の安全保障協力に関する共同宣言の改定も進める方針を示した。

 両氏は会談に先立ち、「フミオ」「アンソニー」と互いの名前をファーストネームで呼び合うことを確認した。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3027011 0 政治 2022/05/24 17:56:00 2022/05/24 19:25:51 2022/05/24 19:25:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220524-OYT1I50117-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)