政府、2・7兆円補正予算案を国会に提出…原油高・物価上昇の緊急経済対策費盛り込む

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は25日午前、原油高や物価上昇を受けた緊急経済対策の財源の裏付けとなる2022年度補正予算案を国会に提出した。一般会計の歳出総額は2兆7009億円で、同日午後の衆院本会議で審議入りする。政府・与党は月内の成立を目指している。

国会議事堂
国会議事堂

 25日は衆参両院で本会議が開かれる。鈴木財務相が財政演説し、各党が代表質問を行う。

 補正予算案では、政府が4月26日に決めた6・2兆円の緊急経済対策のうち、原油価格高騰対策に1兆1739億円を充てる。ガソリン価格の抑制に向け、石油元売り会社に6~9月分の補助金を支給する。

 4月28日に緊急経済対策で先行支出した22年度予算の予備費を埋め合わせるため、1兆5200億円を積んだ。

 財源は、国の借金となる新たな国債の発行で全て賄う。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3028654 0 政治 2022/05/25 08:50:00 2022/05/25 10:12:39 2022/05/25 10:12:39 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220525-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)