2・7兆円補正予算案が衆院通過…30日と31日に参院予算委で質疑

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 緊急経済対策の財源の裏付けとなる2022年度補正予算案は27日の衆院本会議で、自民、公明両党と国民民主党などの賛成多数で可決され、参院に送付された。30、31両日に参院予算委員会で質疑が行われる予定で、政府・与党は31日の成立を目指している。

補正予算案が賛成多数で可決された衆院本会議(27日午後、国会で)=源幸正倫撮影
補正予算案が賛成多数で可決された衆院本会議(27日午後、国会で)=源幸正倫撮影

 本会議に先立つ衆院予算委で岸田首相は、物価上昇への対応について「価格高騰対策と合わせ、賃上げが定着するような経済を作っていく努力を続けたい」と強調した。国民は当初予算に続く賛成となった。

 予算案は一般会計の歳出総額が2兆7009億円。政府が4月に決定した6・2兆円の緊急経済対策のうち、原油価格の高騰対策に1兆1739億円を充て、先行して支出した予備費を 補填ほてん するために1兆5200億円を積んだ。財源は全額、国の借金となる赤字国債の新規発行で賄う。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3035787 0 政治 2022/05/27 17:18:00 2022/05/27 21:29:01 2022/05/27 21:29:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220527-OYT1I50119-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)