岸田首相がリニア試乗、乗り心地「安定している」…環境保全の有識者会議を早期設置へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸田首相は28日、山梨県都留市の山梨リニア実験センターを視察し、リニアモーターカーに試乗した。計約85キロの区間を最高時速500キロで走行し、性能や乗り心地を確認。「安定しているし、地震にも強い」と感想を語った。

山梨実験センターで試験走行中のリニアモーターカーに試乗する(左から)岸田首相とJR東海の金子慎社長(28日午前、山梨県内で)=代表撮影
山梨実験センターで試験走行中のリニアモーターカーに試乗する(左から)岸田首相とJR東海の金子慎社長(28日午前、山梨県内で)=代表撮影

 リニア中央新幹線は、工事に伴う水資源への悪影響を懸念する静岡県が県内の着工を認めず、JR東海が目指す2027年の開業が遅れる見通しになっている。首相は視察後、記者団に、県が要望する環境保全に関する国の有識者会議について、早期に設置する方針を示した。

 首相は同日、甲府市の研究施設も訪れ、太陽光発電所で発電した電力を使って水素を製造する装置を視察した。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3038955 0 政治 2022/05/28 22:20:00 2022/05/28 22:20:00 2022/05/28 22:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220528-OYT1I50112-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)