「G7の結束示す機会に」岸田首相が初の定例サミット参加へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸田首相は26日未明、ドイツで開かれる先進7か国首脳会議(G7サミット)とスペインでの北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席するため、政府専用機で羽田空港を出発した。緊急会合やオンライン形式でない、定例のG7サミットは初参加となる。

侵略前は音楽イベント開催の若者たち、破壊された家屋を修復「壊れた食器を見ると悲しい」
記者団の取材に応じる岸田首相(25日午後、首相公邸で)=若杉和希撮影
記者団の取材に応じる岸田首相(25日午後、首相公邸で)=若杉和希撮影

 首相は出発に先立ち、首相公邸で記者団に「率直に議論を行い、G7の結束を示す機会にしたい」と述べた。

 首相はG7サミットで、ロシアによるウクライナ侵攻に関し、「いかなる地域でも力による現状変更を認めない」姿勢を鮮明にする。東・南シナ海などで覇権主義的な行動を強める中国への対応での連携強化も図る考えだ。

 日本の首相として初めて出席するNATO首脳会議では、欧州とインド太平洋の安全保障は不可分だと訴え、「自由で開かれたインド太平洋」の推進に向けた協力拡大を働きかける。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3114592 0 政治 2022/06/25 23:30:00 2022/06/26 00:30:12 2022/06/26 00:30:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220625-OYT1I50163-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)