首相、G7サミットで食料危機支援に2億ドル拠出表明…ウクライナ支援にも1億ドル

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ミュンヘン=海谷道隆】岸田首相は27日午前(日本時間27日午後)、先進7か国首脳会議(G7サミット)で、ロシアのウクライナ侵攻の影響で生じている世界的な食料危機への支援のため、2億ドル(約270億円)を拠出すると表明した。ウクライナへの人道復旧支援に新たに1億ドルを拠出する方針も示した。

【随時更新】ロシア軍、ウクライナを侵略…最新ニュース・速報まとめ
ウクライナのゼレンスキー大統領(左上)がオンラインで参加して行われたG7首脳の討議。左から2人目は岸田首相(27日午前、ドイツ南部エルマウで)=代表撮影
ウクライナのゼレンスキー大統領(左上)がオンラインで参加して行われたG7首脳の討議。左から2人目は岸田首相(27日午前、ドイツ南部エルマウで)=代表撮影

 首相は、ウクライナ情勢を議題とする会合で支援策を明らかにした。食料関連の拠出金は、ロシアが黒海沿岸の港湾を封鎖した影響で食料危機に直面している中東・アフリカ諸国への食料支援と、ウクライナ国内の穀物貯蔵能力の強化に充てる。貯蔵庫の増設費などを想定している。

 首相は、追加支援をあわせて、日本のウクライナ関連支援の総額は約11億ドル規模に上ると説明した。オンラインで会合に参加したウクライナのゼレンスキー大統領からは、迅速な支援への謝意が示されたという。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3118868 0 政治 2022/06/27 21:02:00 2022/06/28 13:13:52 2022/06/28 13:13:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50138-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)