首相、広島G7サミットの来年5月19日~21日開催を発表…「核の惨禍を二度と起こさない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ミュンヘン近郊=海谷道隆】岸田首相は28日午後(日本時間28日夜)、先進7か国首脳会議(G7サミット)の閉幕を受け、ミュンヘン近郊で記者会見し、来年の広島市でのG7サミットを5月19~21日に開催すると発表した。首相は「核兵器の惨禍を二度と起こさないとの力強いコミットメント(関与)を世界に示したい」と述べた。

G7サミットを終え、記者会見する岸田首相(28日午後、ドイツ・ミュンヘン近郊で)=西孝高撮影
G7サミットを終え、記者会見する岸田首相(28日午後、ドイツ・ミュンヘン近郊で)=西孝高撮影

 首相は今回のG7サミットで「首脳級で初めて『核兵器のない世界』という究極の目標に向けたコミットメントを確認できた」と説明。広島サミットに向け、「『核兵器のない世界』を目指した現実的な取り組みについて議論を深めていく」と強調した。

 記者会見に先立ち、首相はG7サミットの最終会合で、来年の議長国として発言し、各国首脳に直接、被爆地・広島での開催を伝えた。広島サミットで「核兵器による脅かしも、国際秩序の転覆の試みも断固として拒否するというG7の意思を歴史に残る重みをもって示したい」と訴えた。

 広島選出の首相としては、核保有国の米英仏を含むG7首脳が広島を訪れ、被爆の実相に触れることで、核軍縮や核廃絶に向けた機運を高めたい考えだ。

 さらに首相は記者会見で、9月の日中国交正常化50年に合わせた中国の 習近平シージンピン 国家主席との会談の可能性を問われると、「現時点で決まっていることはないが、様々なレベルでの対話は重要だ。主張すべきは主張しつつ、具体的な会談についても考えていきたい」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3122238 0 政治 2022/06/28 22:29:00 2022/06/28 23:39:42 2022/06/28 23:39:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220628-OYT1I50150-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)