5年ぶりに日米韓首脳会談、対北で連携…核実験の観測にバイデン氏「憂慮する」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3カ国首脳会談に臨む、(左から時計回りに)尹錫悦韓国大統領、バイデン米大統領、岸田首相(29日午後、マドリードで)=代表撮影
3カ国首脳会談に臨む、(左から時計回りに)尹錫悦韓国大統領、バイデン米大統領、岸田首相(29日午後、マドリードで)=代表撮影

 【マドリード=海谷道隆、横堀裕也】岸田首相は29日午後(日本時間29日夜)、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に合わせ、米国のバイデン大統領、韓国の 尹錫悦ユンソンニョル 大統領との3か国首脳会談を行った。インド太平洋地域で協力を強化し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に連携して対処することで一致した。

 日米韓首脳会談は2017年9月に米国で当時の安倍首相、トランプ大統領、 文在寅ムンジェイン 大統領による会談以来、約5年ぶり。

 バイデン氏は会談の冒頭、「このような形式の対話が続き、3か国の協力が強化されることを希望する」と述べた上で、北朝鮮が近く7回目の核実験に踏み切るとの観測について「憂慮する」と語った。

 尹氏は「北朝鮮の核・ミサイルの脅威が高まり、国際情勢が不安定になるなか、韓米日の協力の重要性はさらに大きくなった」と指摘。岸田首相も「日米同盟や米韓同盟の抑止力強化を含め、日米韓の協力強化が不可欠だ」と応じた。「抑止力強化のためにも、日本の防衛力を抜本的に強化したい」とも語った。

 米政府によると、バイデン氏は日韓首脳に対し「両国防衛への関与は揺るぎない」と強調したという。会談では北朝鮮への制裁強化策も議論したとみられる。

 首脳会談の開催は、日韓それぞれと同盟関係にある米国が調整を主導した。元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)問題などで日韓の政府間対話は停滞しているが、日韓両政府は、対北朝鮮政策で足並みをそろえる必要があると判断した。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3125598 0 政治 2022/06/29 23:37:00 2022/06/30 00:15:32 2022/06/30 00:15:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220629-OYT1I50173-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)