岸田首相、サハリン2大統領令に「ロシアの対応を注視しなければ」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本企業も出資する「サハリン2」運営会社の資産を無償譲渡するよう命じるロシアの大統領令について、岸田首相は1日、「大統領令に基づき、どのようなものを求められるのか注視しなければならない」と述べた。那覇市内で記者団の質問に答えた。「サハリン2の事業に何らかの措置が行われる可能性がある」とも語り、関係企業と連携して対応を検討する考えを示した。

記者団の質問に答える岸田首相(1日午後、那覇市の那覇空港で)
記者団の質問に答える岸田首相(1日午後、那覇市の那覇空港で)

 萩生田経済産業相は1日夕、記者団に対し、サハリン2からの供給が滞った場合の代替措置について「ただちにLNG(液化天然ガス)輸入ができなくなるわけではないと思っているが、あらゆる手段を通じて安定供給確保に万全を尽くしたい」と述べた。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3131282 0 政治 2022/07/01 16:42:00 2022/07/01 18:15:43 2022/07/01 18:15:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220701-OYT1I50154-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)