公的年金運用、21年度は10兆925億円の黒字…ロシア侵略の影響で第4四半期のみ赤字

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 公的年金の積立金を運用する「年金積立金管理運用独立行政法人」(GPIF)は1日、2021年度の運用実績が10兆925億円の黒字となったと発表した。運用利回りを示す収益率は5・42%だった。黒字は2年連続だが、過去最大の黒字幅(37兆7986億円)だった20年度からは大幅に縮小した。

【随時更新】ロシア軍、ウクライナを侵略…最新ニュース・速報まとめ
GPIF
GPIF

 21年度末時点の運用資産の総額は196兆5926億円で、累積黒字は105兆4288億円となった。

 21年度は第1~3四半期を通して黒字だったが、第4四半期(今年1~3月)は2兆2031億円の赤字となった。GPIFは赤字要因について、ロシアによるウクライナ侵略や米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締めにより、運用資産の価格の変動が激しかったためだとしている。

 また、GPIFは21年3月末時点でロシア関連の株式と債券を計約2200億円保有していたが、ウクライナ侵略の影響で正常な取引が困難になったとして、評価額をゼロとした。ただ、資産全体に占める割合は低いため、「運用実績への影響は大きくない」としている。

 保有資産別の運用実績は、外国株式が8兆4290億円、国内株式が1兆871億円、外国債券が1兆724億円の黒字、国内債券は4960億円の赤字となった。GPIFはこれらの4種類の資産の保有割合がほぼ4分の1ずつになるよう運用している。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3131993 0 政治 2022/07/01 21:35:00 2022/07/01 21:35:00 2022/07/01 21:35:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220701-OYT1I50181-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)