深沢厚労政務官が在任中に不動産購入…取引自粛を求める「大臣規範」に抵触

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の深沢陽一・厚生労働政務官(静岡4区)が、「大臣規範」で在任中の自粛を求められている不動産取引を行っていたことが、4日に公開された国会議員の資産等補充報告書でわかった。

深沢陽一氏
深沢陽一氏

 深沢氏の事務所などによると、深沢氏は昨年11月に政務官に就任後、翌月28日に静岡市清水区にある土地(約90平方メートル)と平屋建ての建物(床面積約57平方メートル)を計約1000万円で所有者から購入した。この建物は地元事務所として2016年から賃借していたという。

 深沢氏の事務所は「大臣規範に抵触するとの認識が不足していた」と説明した。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
3138054 0 政治 2022/07/04 11:31:00 2022/07/04 12:47:59 2022/07/04 12:47:59 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220704-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)