読売新聞

未来貢献プロジェクト

SDGs

未来貢献プロジェクト > 人生100年時代シンポジウム ~安心して元気に人生を楽しむために~

人生100年時代シンポジウム ~安心して元気に人生を楽しむために~

2018年11月30日

 本格的な「人生100年時代」の到来が迫っています。私たちが元気に活躍し、安心して暮らすためには、官民一体となった取り組みに加え、一人ひとりの生き方も時代に合わせて変えることが必要です。今回は「資産寿命」と「健康寿命」をテーマに、人生100年時代を明るく生きるための備えについて考えます。

開催概要

日時
2018年12月22日(土)13:00~16:00(12:30開場)
会場
JPタワー ホール&カンファレンス
東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE4階
(JR東京駅 徒歩1分 丸ノ内線東京駅 地下道より直結)
主催:
読売新聞社
後援:
経済産業省
協賛:
野村證券株式会社 株式会社かんぽ生命保険

プログラム

基調講演

小泉 進次郎氏(自由民主党 厚生労働部会長、衆議院議員)

1981年神奈川県横須賀市生まれ。関東学院大学経済学部卒業後、2006年米国コロンビア大学院政治学部修士号取得。2009年8月衆議院議員初当選し現在4期目。内閣府大臣政務官、復興大臣政務官を務めた後、2015年より自由民主党の農林部会長、2017年8月より自由民主党 筆頭副幹事長、2018年10月より自由民主党 厚生労働部会長に就任し、現在に至る。

セッション1

人生100年時代にどう備えるか

プレゼンテーション
今考えたい「資産寿命」のこと

貯めるだけでは生活資金が不足する時代へ。資産を守り育てるための手段を紹介します。

鳥海 智絵氏(野村證券株式会社 専務執行役員)

パネルディスカッション
豊かな100年ライフのために

長寿化がもたらす生活の変化を学ぶとともに、「お金の健康」の観点からアクティブライフを探ります。

鳥海 智絵氏(野村證券株式会社 専務執行役員)

清家 篤氏(日本私立学校振興・共済事業団 理事長)

セッション2

「長寿」と「安心」の両立を目指して

プレゼンテーション
保険会社から健康増進サービス会社へ

長寿社会を安心して暮らすための保険会社の健康増進サービスを紹介します。

加藤 進康氏(株式会社かんぽ生命保険 常務執行役)

パネルディスカッション
QOL向上による豊かな老後

食生活や運動習慣、コミュニティー参加の効果に着目し、心身を健康にするメソッドについて考えます。

加藤 進康氏(株式会社かんぽ生命保険 常務執行役)

中村 格子氏(Dr.KAKUKOスポーツクリニック 院長)

進行役

政井 マヤ氏(フリーアナウンサー)

お問い合わせ
〒101‐0054
東京都千代田区神田錦町1-8-11錦町ビルディング7階 
未来貢献プロジェクト事務局「人生100年時代シンポジウム」係
TEL 03-5283-5545(平日10:00~18:00)

※応募多数の場合は抽選となります。当選者へは聴講券をお送りします。当日は聴講券を必ずご持参ください。
※応募に関する個人情報は聴講券の抽選・発送、シンポジウムの運営のために使用させていただきます。

[広告]企画・制作 読売新聞社広告局

ページトップ