ラグビー代表、先発争い激しく…24日ロシア戦

ロシア戦に向けて練習する日本代表の選手たち

ラグビー日本代表は、24日のロシア代表戦に向け、英チェルトナムで調整している。今秋最後のテストマッチとなるだけに、選手たちは自身の存在もアピールしようと張り切っている。

CTB中村亮(サントリー)は、17日のイングランド戦にフル出場。前半にゴール前のスクラムからトライを奪うなど強豪相手に持ち前の突破力を発揮した。CTBは、ラファエレ(コカ・コーラ)とトゥポウ(同)がコンビを組むケースが多かったが、トゥポウがFBに入ったこともあり、中村亮が先発に抜てきされた。次戦に向け、「相手を圧倒して、良い形で(遠征を)終えたい」と意気込む。

フランカーも西川(サントリー)、布巻(パナソニック)らが先発の座を争っている。イングランド戦で後半から出場した布巻は、ロシア戦について「イングランドより相手のレベルは下がるが、試合の重みは変わらない」と強調する。

選手層の薄さは日本の泣き所。来年のワールドカップ(W杯)日本大会に向け、高いレベルの競争が促される一戦となるか。(英チェルトナム 矢萩雅人)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>