早大、8年ぶり対抗戦V…関東大学ラグビー

後半14分、早大・中野(中央左)がトライを決める(2日)=伊藤紘二撮影

ラグビー・関東大学(2日・秩父宮ほか)――対抗戦は早大が明大との伝統の一戦を31―27で制し、6勝1敗で8年ぶり23度目の優勝を決めた。勝敗数が並んだ場合は同順位とするため、史上初の8連覇を決めている帝京大と両校優勝となった。早明戦の対戦成績は早大の54勝38敗2分け。

早大は17―13で前半を折り返すと、後半、CTB中野の2トライでリードを広げた。終了間際に4点差まで迫られるが、粘り強い防御で逃げ切った。早大は創部100周年を迎え、今季就任した相良監督は「節目の年にタイトルを取れたことは素直にうれしい」と笑顔で語った。

対抗戦は全日程を終え、帝京大、早大、慶大、明大、筑波大の計5校が全国大学選手権(読売新聞社後援)に出場する。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>