ラグビー・ヤマハの清宮監督、今季限りで退任

ラグビー・トップリーグのヤマハ発動機は11日、清宮克幸監督(51)が、8季目の今季限りで退任すると発表した。ヤマハによると、チームの強化が進んだとして、本人の意向で後進に道を譲ることにした。今季終了後の来年1月末に記者会見を開く予定。

清宮氏は早大監督として3度の大学日本一に輝き、2006年度から率いたサントリーでは翌年度にトップリーグ初制覇に導いた。11年度から指揮を執るヤマハでは、スクラムなどセットプレーを強化し、14年度に日本選手権初優勝を果たすなど、強豪に育て上げた。今季は8日の日本選手権準決勝で惜敗し、15日の3位決定戦に回った。

講演する清宮克幸氏(2018年6月、札幌市で)

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>