トップリーグMVPに神戸製鋼のカーター

MVPに選ばれた神戸製鋼のダン・カーター(16日)=稲垣政則撮影

新人賞に選ばれたトヨタ自動車の岡田優輝(16日)=稲垣政則撮影

ラグビー・トップリーグの年間表彰式が16日、東京都内で開かれ、神戸製鋼に加入1年目で15季ぶり2度目の優勝に貢献したSOダン・カーターがMVPに輝いた。新人賞は帝京大からトヨタ自動車に加入し、WTBとして活躍した岡田優輝が選ばれた。

ニュージーランド(NZ)代表の司令塔として一時代を築いた36歳のカーターは「シーズン最後にこういう賞を頂いて誇りに思う。ハードワークが認められ、とてもうれしい」と話した。キック成功率86・2%でベストキッカー賞も受賞した。トライ王はホンダのWTBレメキロマノラバが初受賞。ベストフィフティーンには神戸製鋼から最多6人が選ばれた。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>