日本代表・福岡らサンウルブズ参加…W杯へ強化

スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズの運営法人は26日、2019年シーズンのメンバーに、日本代表WTB福岡(パナソニック)ら12人が加わると発表した。日本協会は来年のワールドカップ(W杯)に向け、日本代表候補選手をサンウルブズでもプレーさせて強化する方針で、フランカーのリーチ(東芝)らの参加が既に決まっている。

2018年6月、イタリア戦で独走トライを決めた日本代表の福岡

新加入の12人
パウリアシ マヌ
サム・プラットリー
山下 裕史
庭井 祐輔
カラ・プライアー
マーク・アボット
ビンピー・ファンデルバルト
ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ
内田 啓介
ジェイミー・ブース
福岡 堅樹
ヘンリー ジェイミー

<<
ニュース一覧へ戻る
>>