ラグビーW杯チケット先着順販売、19日から

9月に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会のチケット先着順販売が、19日から3月31日まで行われる。これまでの抽選販売では、日本戦やニュージーランド、イングランドといった強豪の試合が人気を集めたが、大会組織委員会では、「全試合、すべてのカテゴリーのチケットを用意する」としている。

大会全体で販売されるチケットは約180万枚。昨年1~11月に実施された抽選販売には約450万枚分の申し込みがあり、関係者によると、売上枚数は、国際統括団体ワールドラグビー(WR)が取り扱った分を含めて約102万枚にのぼったという。

チケットは組織委とWR側が約90万枚ずつ販売し、WR側の売れ残りは順次、組織委側に回ってくる仕組み。個人向け販売は大会直前まで実施され、5月には、試合に行けなくなった人が定価で再販売できるサービスも始まる予定だ。

また、組織委が販売しているチケットとは別に、食事や著名人のトークショーなどが付いたホスピタリティープログラムも発売されている。詳しくはホームページで。

<<
ニュース一覧へ戻る
>>