バスタオル1枚で「温泉ラグビー」再生10万回

バスタオル姿の男性が風呂おけをパスしながら街中を走り抜ける動画の一場面(別府市提供)

9月に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の公認キャンプ地になっている大分県別府市が、温泉とラグビーをかけ合わせた動画を制作した。7日に動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開し、再生回数は10万回を超えた。

同市では、世界ランク1位のニュージーランドなどがキャンプを行う。市は別府の温泉を世界に発信し、市民に観光客をもてなす意識を持ってもらおうと、540万円をかけて制作した。

動画は約2分半。市民ら延べ約200人がエキストラで参加した。風呂おけをラグビーボールに見立て、バスタオル1枚の男たちがパスを回しながら温泉街を走ったり、スクラムを組んだりする。その様子に合わせ、ルールや専門用語を字幕で解説している。

ラストシーンでは、男女約100人が「ここは世界最強の温泉街 別府だよ」などと歌い上げる。出演した別府鶴見丘高1年のラグビー部員(15)は「別府とラグビーの良さを動画で知ってもらい、多くの人に訪れてほしい」と期待している。

【関連サイト】別府市公式サイト

<<
ニュース一覧へ戻る
>>