ラグビーW杯ボランティア、大阪市で説明会

9月に開幕するラグビーW杯日本大会の公式ボランティア採用者を対象にした説明会が2日、全国のトップを切り、大阪市内で開かれた。大阪・花園ラグビー場で活動する約900人のうち、約600人が参加。大会組織委員会から「笑顔で」「楽しむ」といったボランティアの基本姿勢について説明を受け、参加者同士が自己紹介するなどした。

公式ボランティアは全国12会場で3万8000人超の応募があり、約1万3000人が採用された。説明会は各都市で3月10日まで順次開催される。組織委の中田宙志・人事企画部長は「きょうがキックオフ。(大会までの)半年が重要」と話した。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>