ラグビー熱盛り上げに全力~日本代表合宿、場所と日程を公開

ラグビー日本代表候補の国内合宿は、日本協会のホームページ(HP)で練習場所や日程が公開されている(https://www.rugby-japan.jp/news/2019/01/23/49677)。ファンにとっては、9月に開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に向けたチームの仕上がりを、自分の目でチェックできる絶好機だ。

東京都町田市の「キヤノンスポーツパーク」での練習は、4日に始まり3月1日まで。3月4~7日の練習は、千葉県浦安市の「NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーク」で。その後は沖縄県読谷村に移動し、3月10~20日は「残波岬ボールパーク」で練習する。

日本協会はHPで、動画撮影こそ自粛を呼び掛けているものの、「選手・スタッフのサイン、写真撮影などは練習終了後に対応致しますので練習前はご遠慮下さい」としている。リーチ主将(東芝)をはじめとする人気選手たちのファンサービスを受けられそうで、全力で競技熱の盛り上げを図るラグビー界の姿勢がうかがえる。他競技の場合、たとえばサッカー日本代表は、ファン殺到による混乱を避けることなどを理由に、練習場所の非公表が通例になっている。

代表候補合宿で汗を流す松島幸太朗(2月4日)

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>