[桜の記憶]<2>戦術ピタリ W杯初勝利

速さとリズムで9トライ

ジンバブエ戦の前半、スクラムのサイドをついた堀越がトライ(ベルファストで)=秋山哲也撮影

ノーサイドの笛が鳴ると、大勢の観客がグラウンドになだれ込み、日本の選手たちを祝福した。イングランドを主会場に開かれた1991年第2回ワールドカップ(W杯)の第3戦。日本はジンバブエから9トライを奪い、W杯初勝利を手にした。

スコットランド、アイルランドに連敗し、グループリーグ敗退は決まっていた。だが、チームの士気は低下しなかった。エースだった吉田義人(50)は「プライドを失わずに戦おうと臨んだ」と振り返る。

堀越正己

前半20分頃、堀越正己(50)が初トライを決める。さらに、敵陣ゴール前のスクラムで、ナンバー8から左へ開いた堀越に素早くつなぐ「左8―9」と呼ばれるプレーから、最後は吉田がインゴールを陥れてリードを広げた。

後半には7トライを重ねた。会心の試合を吉田は「スピードとリズムでトライを取ろうとチームを作ってきた。世界に日本ラグビーをアピールできてうれしかった」と述懐する。

監督は宿沢広朗。現役時代はSHとして早大の黄金期を支え、日本代表でもプレーした指揮官は、89年の就任時から大柄な強豪チームに対抗するため、展開力とスピードを前面に出すスタイルを目指した。対戦相手を徹底的に分析し、戦術、戦略を立て、それに合う選手を選んだ。グラウンドでは主将の平尾誠二がチームを統率した。

同年5月、「宿沢ジャパン」の船出となったスコットランド戦(秩父宮)でいきなり大金星を挙げた。90年のW杯予選ではトンガ、韓国を退けて2大会連続の出場を決めた。W杯に向けて、代表候補でチームを編成してジンバブエへ遠征するなど情報収集を進め、トライを奪うためのサインプレーも数多く用意した。「左8―9」もその一つ。吉田は「どうやってトライを取るか明確に示してくれた。自信を持ってW杯に乗り込むことができた」と話す。

第2回W杯を振り返る吉田義人

現在、立正大の監督を務める堀越は言う。「一つ一つのトライが意図的に取れていた。2015年W杯へ向けてエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチがしていた準備と同じようなことを、宿沢さんはやっていた」

高さやパワー不足といった課題は残った。しかし、今は鬼籍に入った宿沢と平尾を中心に、「世界」と戦うことを意識し、準備を重ねてきたことが、日本のラグビー史に新たな一ページを刻むことにつながった。(敬称略)(矢萩雅人)

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>