山下裕のスクラム 鍵に…サンウルブズ あす国内初戦

スクラムの立て直しが期待される山下裕

ラグビーの南半球最高峰リーグ、スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは23日、東京・秩父宮での国内初戦でワラタス(豪)と対戦する。今季初勝利を目指すとともに、9月開幕のワールドカップ(W杯)日本大会に向け、日本代表強化につながる内容も求められる。

33歳ベテラン「前に出たい」

16日にシンガポールで行われたシャークス(南アフリカ)との今季初戦は、10―45の完敗。スクラムで押し込まれたことが敗因の一つだった。いかに修正できるかがワラタス戦勝利のカギで、初先発となるプロップ山下裕に期待がかかる。日本代表としてスクラムの最前線で体を張り、2015年の前回W杯を経験した33歳のベテランは「(スクラムで)相手と当たったときにちょっとでも前に出たい」とポイントを挙げた。

ワラタスはフランカーのフーパーやFBフォラウなど豪州代表の主力が先発に名を連ねた。山下裕は「相手は有名な選手ばかりなので楽しみ。どこまで通用するか」と意気込んだ。

◆ワラタス戦、中村亮ら先発 21日に発表されたサンウルブズの先発予定選手は次の通り。

▽FW ミラー(パナソニック)、ブレグバゼ(※ジョージア)、山下裕(神戸製鋼)、トンプソン(近鉄)、ロウ(※ニュージーランド)、ツイ(サントリー)、カーク(キヤノン)、ウォーレンボスアヤコ(NTTコミュニケーションズ)▽BK 茂野(トヨタ自動車)、パーカー(神戸製鋼)、マシレワ(近鉄)、中村亮(サントリー)、ゲイツ(NTTコミュニケーションズ)、ファンデンヒーファー(クボタ)、エメリー(サニックス)

(所属が※国名の選手は日本での所属なし)

<<
ニュース一覧へ戻る
>>